2017年1月13日金曜日

【レポート】食と経済の世界ツアー インド編2

昨晩、福山市沖野上町のインド料理店「サンガム」で、『食と経済の世界ツアー インド編2』を開催しました。

今回は初参加の方がほぼ半数でしたが、すぐに打ち解けていつものように和気あいあいと楽しく盛り上がりました。

インドは国土が日本の10倍近く、人口も約10倍の広大な国です。インドといえば仏教誕生の地ですが、現在インドで仏教徒が占める割合は意外にも1%未満。ヒンドゥー教徒が約8割を占めています。

経済面ではBRICsの一つとして経済発展が注目されてから10年以上経ちますが、現在もGDP成長率は7%を超えています(2015年実績7.6%)。

インド人が数学が得意なのは有名ですが、理数系に長けている強みを生かしてITや金融の分野で世界的に活躍しているインド人も多く、Googleの現CEOピチャイ氏もインド生まれです。

日本ではソフトバンクの孫さんが後継者候補として同じくGoogleからニケシュ・アローラ氏を副社長として招聘したことが話題になりました(既に退任)。

こんなことを英語の資料を使って説明しながら、もちろん一番の楽しみである「食」も楽しみました。

ボリュームのあるサモサやパパドに始まり、色んな種類のタンドリー料理やカレー、おかわり自由のナンをお腹一杯食べました。大勢で食べるとより楽しく、美味しく感じますね。

初参加の方々にも楽しんでいただけたようでよかったです。次回のテーマ国は未定ですが、また不定期で年数回、企画をしたいと思います。