2016年3月24日木曜日

府中市がウッドスタート宣言

3月20日(日)、21日(月)に開催した『木とあそぼう。第2回府中ノ木育フェスティバル』は府中市内外から3000人を超える来場者にお越しいただき、おかげさまで大盛況でした。

木のおもちゃのアミューズメントパークと化した体育館の中に、子ども達の声と心地よい木の音が響き渡り、遊んでいる子ども達はもちろん、見守るパパママも、スタッフもみんなが笑顔だったのが印象的でした。

そして2日目の21日(月)には府中市のウッドスタート宣言調印式が会場内で行われました。ウッドスタートとは新しく生まれた赤ちゃんに木のおもちゃをプレゼントする取り組みで、全国でこのウッドスタートを推進している「東京おもちゃ美術館」の多田館長が来場し、府中市の戸成市長とサインを交わしました。

過去3年にわたって府中市は我々が地元の木工職人さん達と開発した府中発の木のおもちゃ「KiTAS」を市内の全ての保育所・幼稚園に配布してきましたが、今後は府中市で生まれる全ての赤ちゃんにKiTASのおもちゃがプレゼントされることになり、府中ノ木育がまた一歩前進することになります。

木育を通じて我々が目指すゴールはまだまだ遥か先ですが、ウッドスタート宣言が実現したことは感慨深く、これまでの苦労が報われた喜びを感じられた瞬間でした。今後も目指す地域貢献に繋がるよう、さらなる木育の推進に取り組んでいきます。


※抱いている赤ちゃんは私の子ではありません(笑)