2016年3月5日土曜日

小規模事業者持続化補助金が公募開始

平成27年度補正(平成28年実施)小規模事業者持続化補助金の公募が開始しています。今年で3年目の実施ですが、非常に活用しやすい補助金として認知度も高まっています。

補助の対象となるのは販路開拓等のための事業で、広告宣伝、店舗改装、機械装置等導入、パッケージ開発、展示会出展等活用の幅が広いのが特徴です。

補助上限額は50万円(但し雇用増加、買物弱者対策、海外展開に取り組む事業は100万円)で、補助率は2/3です。

但し今年は補助金の予算額が昨年の166億円から約70億円に削減されており、採択件数も昨年の30,000社超から12,000社程度に減る見込みです。

さらに昨年は追加公募を含めて3回の公募がありましたが、今年は1回のみとされています。つまり採択の枠が狭き門になる上に一発勝負となるため、競争倍率は高くなることが想定されます。

採択されるためには応募時に提出する「経営計画書」「補助事業計画書」をポイントを押さえて完成させる必要があります。昨年はそのための要点をお伝えするセミナーを福山で2回開催させていただきましたが、今年は業務の都合上開催は予定しておりません。

※但し、セミナー開催のご要望がある場合で、5名以上の参加者を集めていただける場合はセミナー開催も検討します。

小規模事業者持続化補助金の公募要領等につきましては、日本商工会議所あるいは全国商工会連合会のウェブサイトにてご確認ください。

日本商工会議所
http://h27.jizokukahojokin.info/

全国商工会連合会
https://www.shokokai.or.jp/?post_type=annais&p=3224