2016年2月26日金曜日

【レポート】食と経済の世界ツアー ~東欧編~

2月23日に開催した『食と経済の世界ツアー ~東欧編~』。今回は初参加の方も多くいらっしゃいましたが、楽しく盛り上がり大好評でした。


このイベントは世界各国の料理を味わいながら、その国や地域の経済についても学ぼうという企画で、今回の東欧編で14回目になりました。

今回も美味しい料理を提供してくれたのは福山の大人気フレンチレストラン「ヌーヴェルヴァーグ」さん。高田シェフがこのイベントのためだけに特別コース料理を用意してくれました。


まずはウィーン風のポテトサラダからスタート。ビネガーが効いているのがポイントで、さっぱりした味わいです。

続いてポーランドの家庭風スープ。鍋を持ってきてシェフ自ら取り分けてくれました。味はシンプルですが、とてもいい香りが広がりました。



そしてメインはチェコの牛肉煮込み料理。シナモンが香る濃厚なソースと柔らかく煮込まれた牛肉が絶品でした。



付け合わせはクネドリーキという茹でパン。もっちりとしていて濃厚なソースによく合いました。


そしてデザートはザッハトルテ瀬戸内風。ザッハトルテといえばあんずジャムがサンドされていますが、今回はその代わりに瀬戸内のレモンジャムを使っていてより爽やかな風味でした。


そしてチョコレートは自分でかけて完成させるという演出も。皆さん楽しそうでした。


中東欧諸国は西側の国々ほど経済が成熟していませんが、自動車・機械等の生産拠点として欧米のメジャー企業が進出していたり、内需も拡大していて今後も成長が期待される地域です。また物価も比較的安く、きれいな街並みが残っている都市も多いので観光も人気です。

イギリスやフランス、イタリアに比べると馴染みが薄いので地図や国旗のクイズはなかなか正解が出ませんでしたが、楽しく盛り上がったのでよかったです。

今回も美味しい料理を提供してくれた「ヌーヴェルヴァーグ」の高田シェフ、ありがとうございました。

レストラン ヌーヴェルヴァーグ
広島県福山市引野町北2-31-7
http://restaurant-nouvelle-vague.com