2016年1月10日日曜日

教育ローンのお申込みはお早めに

センター試験が間近に迫り、いよいよ大学受験シーズンも本格化ですね。受験生の中には進学後の費用にそなえて、日本学生支援機構の奨学金を既に申し込んでいる人も多いと思います。

但し奨学金が振り込まれるのは大学入学後。受験料、入学金、1年次の前期授業料&施設設備費、その他の進学準備費用等、実は意外と大きな額になる「入学前の費用」には対応することができません。

ですので基本的に入学前の費用については各ご家庭で計画的に準備しておくことが大切ですが、様々な事情でどうしても不足する場合に頼ることができるのが教育ローンです。

教育ローンはいつでも申し込むことができ、審査さえ通れば必要なお金をまとめて受け取ることができます。

一般的によく利用される教育ローンの中に「国の教育ローン」があります。民間のローンと違って世帯収入の制限(上限)がありますが、金利は民間金融機関と比較しても低い水準です。

平成28年1月時点の金利は2.05%(固定金利・保証料別)で、母子家庭・父子家庭・世帯年収200万円以内に該当する場合は1.65%(固定金利・保証料別)になります。

教育ローンを申し込む際に気を付けて頂きたいのが申込のタイミング。大学(専門学校)によっては入学金の払込期限がタイトで、合格発表後に申し込んだのでは間に合わない場合があります。

受験前であっても教育ローンの申込はできますので、余裕を持って早めに申込の手続きをしていただきたいと思います。尚、申し込みはインターネット、日本政策金融公庫(国民生活事業)の支店、お近くの銀行・信用金庫等で受け付けています。

日本政策金融公庫の支店は福山、尾道にもありますので、質問や詳しい話が聞きたい場合はそちらの窓口に行ってみるのがよいと思います。

福山支店
福山市光南町2-2-7
084-922-6550
9:00~17:00

尾道支店
尾道市東御所町1-20(JB本四高速尾道ビル)
0848-22-6111
9:00~17:00

尚、広島県内ではこのほかに広島市、呉市に支店がありますし、岡山県の倉敷市や岡山市、津山市にも支店があります。

教育資金は時期をずらすことができません。お子さんがまだ小さいご家庭は是非コツコツ計画的に準備をしていってください。もちろん、教育資金に関するご相談もお気軽にお問い合わせください。